バリアフリーを目指すと共に、将来の生活スタイルの変化にも対応できるフレキシブルな空間を提案。高齢者の生活は1階で完結できるプランとなっているが、玄関の吹き抜けを介して上下階が緩やかに繋がりお互いの気配を感じ取れる二世帯型住宅となっている。ヒートポンプによる低温水蓄熱床暖房により建物全体を均一に暖め温度のバリアフリーを実現した。
 

所在地 神奈川県横浜市青葉区
主要用途 専用住宅
   
地域地区 第1種住居専用地域、準防火地域
   
設計期間 2010年5月〜2010年9月
施工期間 2010年10月〜2011年3月
   
敷地面積 180.29 u 54.53    
延床面積 115.09 u 34.81    
             
規模 地上2階
構造 木造(在来工法)
   
特徴 オール電化、低温蓄熱全館暖房、二世帯型住宅